BLOG

ウェールズ留学セミナーに参加してきました

こんにちは、スタッフの小林です。
ラグビーW杯、バレーボールW杯、世界陸上と今まさにスポーツが盛り上がっていますね。
とりわけラグビーW杯は、日本が世界ランキング2位(当時)のアイルランドから歴史的金星を挙げるという盛り上がり!
アイルランド留学経験者の私としては、嬉しくも悔しい複雑な気持ちです。

ところでみなさん、ウェールズという国はどこにあるかご存知ですか?
ウェールズって国名なの? と思った方もいるかもしれません。
答えは、“グレートブリテン及び北アイルランド連合王国”、そう、“イギリス”にあります。
グレートブリテン及び北アイルランド連合王国は4つの国からなる連合王国で、
イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4つの国で構成されています。
今回のラグビーW杯にもそれぞれの国が代表として参加していますね。

ラグビーW杯開催中の今、ウェールズ政府主催のプロモーションキャンペーンの一環で
ウェールズ留学の魅力を紹介するセミナーに参加してきました。
新宿サザンテラスの一角にこんなドームが出現!

/p>

 

中に入ってみると、プロモーション映像が流れていました。

 

さて、ウェールズをご存知の方も、そうでない方もビックリな情報があります。
なんと、日本の日立製作所が製造した高速列車が近年運行を始め、ウェールズの首都カーディフとロンドンを1時間30分で移動できるようになったそうです。

ウェールズには大小合わせると600以上の古城があり、絵に描いたような素晴らしい景色、自然豊かな環境、安定した治安の良さ、大都市ロンドンまでの交通の便を兼ね備えた、留学にはもってこいの場所なのです。
魅力満載のウェールズ留学おすすめです!

 

東京オリンピック2020を控え、日本で世界大会が連続して開催されています。

会場のごみ拾いや大雨の中の試合終了までの観戦、出場各国のジャージ着用などニュースになっていましたが、
日本人にとって“当たり前”と思っていた風習や礼節、おもてなしの心が海外の人たちの心を打ち、逆に海外選手たちがお辞儀で日本に対しての感謝を表してくれています。
これは、素晴らしいことですよね。
世界大会は、日本人が“日本の価値”を再認識する機会でもあるように思います。

ぜひ留学生たちも日本人であることを誇りに世界へ飛び立っていってほしいです。