BLOG

[レポート]ジュニアサマーキャンプ in ロンドン②

こんにちは。
昨日に引き続き、現地よりレポートをお送りいたします。スタッフの冨田です。

4日目ということで、あっという間に中盤に差し掛かっています。
今日は6:30から朝練のスタートです。

のはずが……

コーチ達しかいません……。

しかし10分後には揃ってきましたよ〜
眠い目をこすりながら、ウォーミングアップが始まりました。

するとギルコーチから集合がかかり、
時間を守れなかったみんなにお叱りの言葉をかけていました。

ちょっぴり怒られてしまいましたが、さすが一流コーチです。
注意すべき事はするということですね。

 

さあ、気を取り直して、朝の7時とは思えないくらい一生懸命取り組んでいます。
みなさん良い汗が流れています。

高校生以上の方達は体幹を鍛える動きも見られますね。

 

腹ペコのみなさんはしっかりと朝食を取り、午前レッスンのスタートです。

なんてことでしょう。
身を乗り出して発言している姿がありました。

その後のランチでは「This one please」と言葉を発しながら頼んでいました。
大きな一歩を感じました。

 

そしてご覧ください。

自らコーチ達や英語の先生方、海外の仲間達と楽しんで食事をしています。

 

さて、午後レッスンのスタートです。

どうやら目隠しをして英語でコミニュケーションを取りながら何かをするみたいですね。
のどかな自然の中、のびのびと取り組んでいます。

 

テニス組は授業で学んだテニス英語を活かしながら、笑顔で取り組んでいました。

 

練習後のストレッチも大切ですね。
身体も心もほぐされそうです。

 

そして本日のテムズ川では、グースさん達がお散歩していました。

 

夕食の後にはクリケット、フットボール、テニスなど各々アクティビティを楽しみ、
20:30-21:30の自由時間ではお菓子パーティーを開催しました〜。

「あ〜日本のお菓子久しぶりだ〜」としみじみ呟きながら食べている姿に、
この様なお楽しみタイムもやはり必要なのかなと再確認できました。
見事、弊社津島のお菓子セレクションは大盛況でした。

さあ、明日はオックスフォードにてテニスの歴史をお勉強しに行って参ります!!